Diorama

Production Process

Step.1

​一枚の鉄板から、ジオラマ製作が始まります

あるクライアント様より、展示会で使用するジオラマの製作依頼を頂きました。双方で協議の結果、ジオラマのサイズは1005mm×1280mm、材質はSUS304(ステンレス)に決定しました。図面を作成し、一枚のステンレス板からジオラマ製作に取り掛かります。

材質は強度や持ち運びも考慮し、板厚1.5mmのSUS304(ステンレス板)に決定しました。

​まずは、台の上に設置する設備などの寸法を測り、位置を決めていきます。

Step.2

​ジオラマに配置する施設などを、板金で造ります

​ジオラマには、水素ステーションやコンビニを配置するため、それぞれ板金加工や溶接により作り上げていきます。土台や建造物は金属加工、店内設備などは樹脂加工となります。

作り上げた設備や植栽を実際に台の上に置き、寸法や雰囲気を確かめます。

Step.3

​土台を塗装し、建物やスタンドを設置していきます

土台はホワイトに塗装し、スタンドやコンビニの枠組みを設置していきます。

また、建物には照明設備も入れるため、スイッチの取り付けも行います。

​正面向かって左下には押ボタン式の照明スイッチを取り付けます。

Step.4

​照明を取り付け、水素スタンドや自動車などの製作した

ひとつひとつの模型を設置していきます

​照明の取り付けを行うと、いよいよラストスパートとなります。人や自動車、水素ステーションの設備など、製作したひとつひとつの模型を設置していきます。

水素ステーションとコンビニに人や自動車を配置していきます。

​人や自動車の位置もひとつひとつ決まっている為、入念なチェックをしていきます。

コンビニの店内設備や自動車整備工場など、細かい箇所もひとつひとつ造り上げました。

いよいよ完成間近!あとは看板の設置を行い、最終チェックに入ります。

位置決めのみしておいた看板を立てていき、完成となります。

Finish

​最終チェックを行い、展示会用ジオラマの完成です!

持ち運びや輸送の際に部品が取れないか、照明設備に不具合がないかなどの検査を行い、完成となります。ジオラマ製作は本件が初の試みでしたが、クライアント様にも納得して頂き、クオリティの高いものが出来上がりました。

​クライアント様にもご確認いただき、とても喜んで頂きました。

ジオラマは、神戸国際フォーラムで開催されるイベントで活用され、その後は本社で展示されているとのことです。

CONTACT US

TEL:  03-3741-8520

FAX:  03-3741-7252

Copyright © 株式会社東開製作所 All Rights Reserved.